萌える絵にしてくれuploader
改変用途。ネタでも雑談でも質問でも真面目でもなんでもあり。ゆるい感じで。zipうp可。
INDEX
TOP  投稿  削除  検索

保存件数 10000 件 / 1ページ 5 件表示 / サイズ 10MB まで
←前 次→ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97  485 件中 196 - 200 まで表示


返信 名無し (16/07/02 12:20)
今更ですが塗らせていただきました、夏っぽい色味の狐っ娘ちゃん目指し。楽しかったです。


返信 名無し (16/06/26 01:13)
すっっっっごい今更だけど、初音ミクってデザインいいよね
シンプルで可愛くて、長く愛される見た目(実際オタクなら知らない人はいないくらい有名だし)


名無し (16/06/26 01:14)
透過しちゃって真っ黒だ ごめんね
整えてないから汚いけど色塗り練習とかしたい人どうぞ。。。

名無し (16/06/26 02:52)
髪の流れの広がりがいいね!思うにミクはシンプルなデザインもそうだけどあの青とも緑ともとれる色が描き手の表現の幅を効かせてよかったんじゃないかな
名無し (16/06/26 14:45)
このデザインのミク久々に見たけどやっぱいいよなぁ。
ニコニコのPVなんかだとほぼオリジナルキャラになっててやっぱあれはミクじゃねえな。
名無し (16/06/26 17:24)
色か〜たしかにそれもそうだね
デザインがシンプルで色もどうとでも取れる色だから好きにできるっていうのが長く愛されるコツなのかもしれない
そしてやっぱりオリジナルが1番可愛いって言うのも同意
名無し (16/07/02 15:00)
オリジナルのミクって地味に装飾多くてその辺の描きこみにも個人差出るよね

返信 名無し (16/06/22 14:38)
手足をほそーくながーく描くのが好き。萌え絵とはかけ離れるけれど


名無し (16/06/22 23:23)
女の子可愛いね
手足ほそながーいの好き
自分はよくやりすぎてスレンダーマンみたいになるけど
名無し (16/06/23 20:59)
ありがとうございます!嬉しいです。
スレンダーマンはあるあるですよね……
バランスが難しいです…でも長く描きたくなってしまう(`o´)
名無し (16/06/24 08:45)
きゃわいい
かなり好みの絵柄だ
萌え絵かは分からんけど好きよ
名無し (16/06/24 21:39)
好みだと言ってもらえるの、本当にうれしい!
ありがとうございます。
名無し (16/06/26 03:11)
塗りが合ってるしむちゃくちゃ好きです(告白)
名無し (16/06/26 19:03)
あああ!!嬉しいっ ありがとうございます。
そう言って頂けるととても励みになります!

返信 名無し (16/06/01 21:47)
 小説で使う想像上の鳥人間の骨格を書いたんだけどどう思う?

 脊柱の腰椎1〜4番あたりが癒合してその棘突起が鳥でいう竜骨突起みたくなってるっていう設定。
 下肢は鳥とほぼ同様で、上肢は人間ほぼそのままなんだけど……。 
 天使みたいに背中に翼があって飛ぶとなると、こういう構造かなー、と思って描いた。
 おかしなところあったらアドバイスください


名無し (16/06/02 22:18)
自分もこういった考察しながら亜人種を創作するのは結構好きなんだけど。
ほとんどの生物は上体部の関節って脊柱で支える構造(鎖骨は例外ねw)してないから、
自分は骨格自体にそこまで変形したアプローチは取らないかな?
あと、翼って腕部より指の方(羽も加えて)がスペース的に広く取る傾向が強くて、腕部の骨は細くまとめるかな?実際の鳥類は骨密度が薄く軽量に出来てる事を意識してですね。
飛翔時の姿勢制御の事も踏まえると、絵画とかで描かれる翼の位置関係が適切かなとも勝手に思ってますw
これまた個人的な見解だけど、下肢の足指はもっと小さくまとめるかな?
全体的にダチョウよりな足にも見えるから、代表的なワシやちょっと重量級でも飛べるペリカンやツル等の足が参考になるかも?
名無し (16/06/03 22:06)
アドバイスありがとうー。めっちゃ嬉しいです。読んで感じたことを書かせてもらいますね。
確かに、脊柱を癒合させて竜骨をつけてしまうと、たぶん可動性にすごい制約がかかると思う。上体そらしとかはほぼできなくなりそう。でもこうする以外思いつかなかった。どういうアプローチをとったらいいかな?

翼の骨の太さについては、正直納得できませんでした。腕部より指のほうがスペースを広く取るってどういうこと? 腕部の骨を細く、指の骨を太めに描いたほうがいいってことでいいの? でも、上腕骨がそこまで細いことはないし、指の骨(手根中手骨)もそんなに間違ってはないと思うんだけど。

それと翼の位置についての俺の考えは、絵画的な天使のように肩甲骨の後ろ辺りに翼がついていると、重心が前に行き過ぎて飛行時の姿勢はむしろ悪くなると思う。体の中心は股にあるわけだから、もっと下にあってもいいくらいかな、と。さらに言うなら、あんな位置にあったら間違いなく羽ばたけない。それを言うなら、この位置でもぜんっぜんだめだけどね。腕と肩にぶつからないだけまし。

脚の骨については、おっしゃる通りだと思う(笑) 反論の余地なし! 正直言ってこれはただ足が細いとかっこ悪いというだけの理由です。いずれにせよもっと考えないとなー。アドバイスもらっときながら批判してるみたいになっちゃってごめん。まだ何かあったらアドバイスよろしくお願いします!


名無し (16/06/03 22:07)
アドバイスありがとうー。めっちゃ嬉しいです。読んで感じたことを書かせてもらいますね。
確かに、脊柱を癒合させて竜骨をつけてしまうと、たぶん可動性にすごい制約がかかると思う。上体そらしとかはほぼできなくなりそう。でもこうする以外思いつかなかった。どういうアプローチをとったらいいかな?

翼の骨の太さについては、正直納得できませんでした。腕部より指のほうがスペースを広く取るってどういうこと? 腕部の骨を細く、指の骨を太めに描いたほうがいいってことでいいの? でも、上腕骨がそこまで細いことはないし、指の骨(手根中手骨)もそんなに間違ってはないと思うんだけど。

それと翼の位置についての俺の考えは、絵画的な天使のように肩甲骨の後ろ辺りに翼がついていると、重心が前に行き過ぎて飛行時の姿勢はむしろ悪くなると思う。体の中心は股にあるわけだから、もっと下にあってもいいくらいかな、と。さらに言うなら、あんな位置にあったら間違いなく羽ばたけない。それを言うなら、この位置でもぜんっぜんだめだけどね。腕と肩にぶつからないだけまし。

脚の骨については、おっしゃる通りだと思う(笑) 反論の余地なし! 正直言ってこれはただ足が細いとかっこ悪いというだけの理由です。いずれにせよもっと考えないとなー。アドバイスもらっときながら批判してるみたいになっちゃってごめん。まだ何かあったらアドバイスよろしくお願いします!


名無し (16/06/03 22:23)
ごめんなさいミスりました
名無し (16/06/04 00:50)
いや、個人の独自性は尊重させたいので、普通に気に食わないと思う箇所は受け入れなくて良いよw
翼の件はですね、指をもう少し細長い関節を付けて、腕部全体を短めにする。で伝わるかな?
鳥類の主翼で空気の流れを操作しているのは指周辺の羽で、翼の中でも大きい羽は指だけなんだよね。腕部は軽量化した方が浮力が逆に稼げるかな?と考えて短い腕と考察してる。
腕も長くしないと飛べないでしょっ?ってなると普通に思うけど、まぁ落ち着いて考察して欲しい。鳥類って自ら羽ばたいて飛べているかというとそうじゃないんだ。鳥類は自力での滞空には適さない種で、風の流れに乗って飛んでいるんだよね。滑空飛行ってヤツだね。その滑空飛行をする為には、自重の関係も考慮して軽量化してあげないとダメだと思うんだ。
それに伴い翼幅の失った浮力は、その分、筋力や軽量化で補うって考えかな?
でも、これは好みの形の問題になりそうかもね?w
余談だけど、滞空が可能な鳥類は唯一「はちどり」だけなんだ。
それで、最も長距離の滞空飛行が可能で得意なのは、翼膜持ちのコウモリで、翼竜のプテラノドンも滞空飛行が可能かは謎だけど翼膜持ち。リアルに人間に翼をまとわせるなら翼膜の方が適切なのかもしれないね。

翼の位置についてはその疑問は非常にわかるw
わかるけど、まずはさっきの滞空飛行の事を考えて欲しい。
滞空飛行するってことは、宙に舞う際にまず最初に持ち上がっていく部位がある事も考えなきゃならない。
何故、肩甲骨に翼を?と考えるかもしれないが、翼の位置で自重や飛行姿勢の影響下が表れる。仮に腰付近に翼の位置を設定すると仮定した場合、自重の影響で飛行姿勢が猫背のように体勢を曲げる事になるんだ。虫の羽の飛行姿勢と言った方がわかりやすいかな?w
虫の羽で今気づいたけど、あらゆる点で考えると、フェアリーが最も合理的なのかもしれないね。
名無し (16/06/04 06:41)
んー、気に食わないっていうわけじゃなく、単純に疑問なんだよね。こうしていろいろ意見を聞くと自分だけじゃ考えなかった疑問が色々分かって助かる。

浮力(揚力)について疑問なんだけど、翼の揚力は翼の前面の長さで決まるから、滑空に適した翼となるとどうしても長くなると思うんだけどどう? 例としてアホウドリをあげると、アホウドリは翼が細長いよね? つまり、よく面積に対する翼前縁の比率が大きい。だからその分羽ばたきによって得られる推力は少ないけど、滑翔時には効率的に揚力を得られる。大きさが人間大になってしまうと羽ばたきによって揚力を得るのはコストに見合わなすぎるから、滑空飛行しかないっていうのは間違いないと思う。そういった意味では、確かに翼膜に方がいいのかもね。そうすると結論はパラグライダーになっちゃうけど。

軽量化は大事なんだけど、それを言うとどうしても大きさが問題になるんだよね……。体長が二倍になると体重は八倍、でも翼面積は四倍にしかならない。だから、骨をどんなに削ってもあまり仕方がない、むしろ筋肉を支える土台が減ってしまって、そっちのほうが問題なのではないかと。重量に関してはどちらかというと体の水分量を減らす方向で考えちゃあどうか……。と思っている。気嚢と肺で体内スカスカ、みたいな。

 ハチドリがするのはホバリング。今まで言ってる滞空ってのはグライディング(滑翔)ないしはソアリング(帆翔)のことでしょう。大体ハチドリは極限まで小型化して体重を減らし、鳥類最大の速度での羽ばたきで低空を器用に飛ぶタイプで、採蜜のために超精密な飛び方をする鳥じゃん。ここでハチドリを例に出すのはちょっと意味が分からん。
蝙蝠の飛翔については全然知らないけど、今動画を観たらどうやら足を使って飛んでるっぽいね。興味深い。確かに翼膜のほうがいいのかも。でも翼が好きなんだよなー。

飛行姿勢についてだけど、これも虫を例に出してる辺り、主に羽ばたきで揚力と推力を得るって考えみたいだね。フェアリーの優れているところは、体が小さいってことと妖精の粉があるってところかな! そういうおとぎ話的な要素を絡めて飛ぶっていうのも大好き。
問題かなー、と思うのは昆虫は骨格の内部に筋肉があるってこと。人間は骨格の外部に筋肉があるから、同じ方法にしようとすると矛盾が生じてしまう。昆虫の場合は外骨格が変形して戻る力を羽ばたきに使ってる部分が大きいみたいだから、フェアリーだとその辺どうしてるのかすごく興味深いね。話それたけど、飛行姿勢については体はまっすぐに伸ばせばいいんじゃないかと思う。でも確かに、腰の位置まで下げちゃうと下過ぎるかもね。

ついでに現状での鳥人間の飛び方のイメージを書かせてもらいます。

走って加速。翼前面に風を受けて、離陸。強い羽ばたき、およびソアリングによって上昇。羽ばたきとソアリングによって高度を保つ。着陸は尾羽を広げて迎え角を大きくし、減速。脚のみで着陸すると衝撃が大きすぎるので、転がって着陸するほうがいいかも。

こんな感じです。ちなみに魔法が出てくる小説なので、風を起こすのとか魔法を使うかも。反則だけどそうしないと飛べないし……(笑)
名無し (16/06/04 15:41)
結局はファンタジーでいいんだよ。
小難しい説明は香辛料的なアクセントでしかなくてそれっぽいこと言っておけばいいのさ。
仮にその世界がファンタジーでなくてもね。

物理的に考えてうんぬんは読み手の1パー位のほんとにひとにぎりが気にするだけで殆どはそんなこと気にしちゃいない。
身も蓋もないかもしれが小説や漫画に必要なのは正確な科学やら生物の知識じゃなくて如何に疑問に思わせない表現が出来るかどうかだよ。

まぁいろんな設定をちゃんと考えるのが悪いわけじゃないんだけど思ってるほど読み手には伝わらないって話ね。
今回の翼の話しなんか一部のコアな人には堪らないだろうけどファンタジー小説を読んでる人は異世界に出てくる生物の物理的な飛行能力とか正直気にしちゃいないと思うわ。見た目がよければそれでいい。
名無し (16/06/04 16:06)
そうだね、全くその通り。正直言ってこれを考えてるのはただの趣味。現実に鳥人間がいないのは現実にいても意味がないし生き残れないからだろうしね。
でも、俺はこれを考える過程で、あるいはさっきみたいな文章を書いてる過程で、鳥とか蝙蝠とか航空力学について学ぶことができたよ。
知識そのものは伝わらなくても、ちゃんとした知識の裏付けがあって小説を書くか書かないかは読者に伝わっちゃうもんだから、少しでももっともらしい説明できるようになりたいなー、と思って聞いてみた。

確かに身も蓋もないけど、結局は面白いかどうかだからその意見は本当に正しいと思う。でも俺はなんで鳥人間が飛ぶのかとかすごく気になる人だからな〜〜〜。調べないではおれないのよ笑 気に障ってたらごめん! 
名無し (16/06/04 17:35)
なるほどね、アホウドリの例は頭になかったw
海域沿いを主に生息域にしている個体種の発想は一部分理に叶ってるね。
長い翼幅の分、翼面積は大きく取らない形状になる。戦闘機でも、高高度と飛行安定を得られる形状として、U-2やA-10の翼面形状はアホウドリみたいな形してるし。

鳥類に関しては逆に骨で支えてるというよりも筋肉で補ってるんじゃないかと思う側面はあると、自分は考えてる方だね。
自分は、胴体自体も翼面積として考える必要があると思うんだ。その場合、摩擦抵抗に弱い肋骨より竜骨の形状に近い肋骨を考えなきゃいけないが…

はちどり案をそんなに嫌わないでw
ホバリング等々の話はそうだね。はちどりやコウモリなどの話を持ち出したのは、飛行アプローチや様々な要因・用途で翼の形状は変更し考慮する必要があると思っていろんな種類の個体例を出したんだ。
はちどりの翼面形状も場合によってはヒントになる。
あれだけ羽ばたきが速いのは翼の面積だけじゃなく、一枚一枚の羽自体に鋭角的な断面処理を施しているから、空気を切るように高速で羽ばたけるって解釈のように、揚力の稼ぎ方のヒントになる事があると思ってね。

昆虫の羽と似た形状を取る事は不可能ではないが、人間そのものに虫ほどの機敏な運動神経と脳神経がない生き物が羽自体を動かせるかどうか困難かもしれない。妖精大好きだけど、リアルに考察すると真っ向否定w
追加の余談だけど、グリフォンはどう足掻いても飛ばしてあげれない…
馬の下部がバランスクラッシャー過ぎてね。

むしろ、離陸・着陸の際はそこまでの動作は必要なく飛べるんじゃないかな?
問題になるのは滞空時間や飛行距離で、生息地等の環境などによっては長距離飛行を考えた骨格や翼は必ずしも必要ないんじゃないかな?必要なら、胴体自体に揚力効果のある骨格を更に煮詰める必要があるかも。

コメ欄独占し過ぎたんでこれで一旦終わりに(汗
こんな熱く語れたの久々なんで(笑)
あと、魔法は反則じゃない!w

返信 名無し (16/06/01 03:54)
のーぷらんで、ぬりぬり〜たのしかったですー(^^♪


名無し (16/06/01 21:07)
すごくきれいでいい!
←前 次→ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97  485 件中 196 - 200 まで表示